県内施設の声

医療法人十全会 十全ユリノキ病院
新居浜市
「挨拶」「ありがとう」の言葉が職場のあちこちから聞こえる明るい環境で、スタッフみんなが「利他の心」で相手のことを考え協力し合える職場です。
医療法人十全会 十全ユリノキ病院
看護部長村上 彰さん
  • 施設のPRをお願いします。(雰囲気、職場環境など)

    精神科急性期病棟、認知症治療病棟、特殊疾患病棟、精神一般病棟、精神療養病棟、訪問看護ステーション、精神科DC、重症認知症DCの5つの病棟と、在宅部門3つからなる精神科の病院です。2017年に新棟が完成し、入院の受け入れが以前より更にスムーズに出来るようになったことから、地域の一般科の病院や救急隊、公的機関との連携を密にして、常に地域のニーズに対応していこうと取り組んでいます。
    良い医療を提供するためには、スタッフみんなが元気であることが大切です。当院はワークライフバランスに力を入れた働きやすい環境です。また、様々な職種の立場からみんなが自由に意見を出し合える風土が出来ています。「挨拶」「ありがとう」の言葉が職場のあちこちから聞こえる明るい環境で、スタッフみんなが「利他の心」で相手のことを考え協力し合える職場です。
  • 入職者の受け入れ体制を教えてください。(教育など)

    入職時には、本人の希望、ライフスタイルを優先して配属部署を考えています。新人職員には、担当者が個々に合わせたペースで指導していき、配属後も本人の気持ちを聞き、適した部署か否かを検討し調整を行っています。
  • 子育て中の職員への支援などのワークライフバランスについて教えてください。

    ご家族の事情などを考慮しながら、配属部署、夜勤、休みについて検討しています。子育て中は、小さなお子さんを優先に、短時間勤務・夜勤業務なしといった配慮を行い、時間外勤務もないようにしています。
    また、お子さんの急な体調不良や受診が必要な場合など時間有休を使い対応できる制度があり、お休みを気兼ねなく使える環境です。

学生へのアドバイスを教えてください。

これからの看護師は、判断することがふえたり、他の職種と上手く連携する能力が求められます。そのためには、自己研鑽し続けることや相手を認めることが必要です。
看護師としての能力や資質の向上を目指し、職員の成長に合わせて研修等への参加を促しています。十全ユリノキ病院は、精神科医療・看護のこれからを創りたいと考えています。

看護師等の届出サイト とどけるん
公益社団法人 愛媛県看護協会
eナースセンター
公益社団法人 日本看護協会
愛媛県で暮らそう!えひめ移住支援ポータルサイト e移住ネット
ページトップ